写真:教育・研究活動のイメージ

EDUCATION 教育・研究活動

  1. トップページ
  2. 教育・研究活動
  3. スポーツ栄養研究センター

西日本初の
スポーツ栄養研究センターが誕生。
セルフコントロールできる
トップアスリートを育成

メダルや記録を狙うトップアスリートには欠かせない「栄養管理」。競技や練習量、体重、性別、年齢、体調などさまざまな条件によって、ベストなエネルギーや栄養素の摂取量、摂取するタイミングが異なります。
今回誕生した「スポーツ栄養研究センター」では、管理栄養士を中心に学生アスリートの栄養面を徹底サポートし、コーチ、アスレティックトレーナーと連携して理想の身体づくりを目指していきます。同時にスポーツ栄養の教育・研究や地域連携を深め、スポーツ栄養学の発展に寄与します。確かな知識と経験を身につけ、セルフコントロールのできるアスリートを輩出することを目指しています。

所⻑ごあいさつ

学⽣アスリートの⾝体づくりに「意識改⾰」と「⾃⽴」を促す。

プロアスリートのようにパーソナルな⾝体づくりと栄養管理が⼤学で実現できないものか―。今回誕⽣した「スポーツ栄養研究センター」は、まさにその課題を解決する⽇本有数の画期的な施設です。九州共⽴⼤学の「スポーツ学部スポーツ学科」と系列校である九州⼥⼦⼤学の「家政学部栄養学科」が連携し、お互いの専⾨性を存分に活かすことで積年の思いが実現しました。栄養学科では、⼀⼈ひとりの学⽣アスリートのための「⾷事・栄養⾯の管理と⾷事メニュー作成」を⼿がけ、スポーツ学科ではその⾷事メニューを摂取した解析データをフィードバックしながら「競技種⽬に合わせた⾝体づくり」をバックアップしていきます。結果として、学⽣アスリート⾃⾝の「栄養」と「⾝体づくり」について「意識改⾰」と「⾃⽴」を促す。それこそが、この施設の役割です。将来的には、企業・学術団体との共同研究の強化や近隣地域への貢献、さらには「公認スポーツ栄養⼠」の育成も視野に⼊れ、若きアスリートたちの夢を応援します。

スポーツ栄養研究センター 所⻑の写真
スポーツ栄養研究センター 所⻑
船津 京太郎

STRUCTURE 仕組み

本学と系列校である九州女子大学が連携して誕生した
「スポーツ栄養研究センター」。
今まで以上に学生アスリートの食事・栄養面の管理・
アドバイスすることで、競技種目に合わせた
身体づくり・コンディショニングが可能となります。
さまざまな学生アスリートに合わせた
個別サポートを提供します。

スポーツ栄養研究センターの仕組みの図:スポーツ栄養研究センター(西日本エリアでは有数の最新の研究施設)は九州共立大学と九州女子大学と連携

ROLE 役割

3つの役割

  1. 1より進化するアスリートサポート

    栄養サポートを通じて、部活動に励む学⽣を世界に通⽤するトップアスリートに育成します。競技種⽬別の「集団サポート」のほか、⾷事管理の難しい⼀⼈暮らしの部活⽣や減量中の学⽣など希望者には個別に対応。改善の提案から定量的に測定を重ねることで、選⼿⾃⾝が⾝体的な変化を実感し、⾃⽴した栄養管理ができるまで徹底サポートします。

    写真:より進化するアスリートサポートのイメージ
  2. 2⽇本⼈アスリートに合わせた教育・研究

    企業・学術団体など幅広く共同研究体制を整え、スポーツ栄養の学術的発展に寄与するとともに、共同研究の成果を本学教育やアスリートサポートに⽣かしていきます。また、⽇本スポーツ栄養学会が取り組んでいる「⾷習慣・⾷環境」の⽇本⼈向け共通質問票の開発に、本センターの研究員が参加。個別の栄養指導はもちろん、⽇本⼈アスリート向けの最新の知⾒と多数の多競技団体との⽐較をフィードバックすることができます。

    写真:本⼈アスリートに合わせた教育・研究のイメージ
  3. 3スポーツ栄養を通じた地域連携

    近隣地域の中学、⾼校などの部活動指導者や部員を対象とする講演会や指導会の実施を予定しています。将来的には、学⽣に限らず⼩学⽣以下の児童や⾼齢者などとも「スポーツ栄養」を通じて繋がりを持ち、研究の成果を地域に還元していくことを⽬指していきます。

    写真:スポーツ栄養を通じた地域連携のイメージ
3つの役割の図:栄養サポート・トレーニング・コンディションから最高のパフォーマンスを引き出す

企業・学術団体との共同研究

  • 不⼆製油株式会社

    植物性油脂や⼤⾖を原料とした⾷品素材を世界で展開する企業と、⼤⾖を使ったスポーツ飲料の開発について共同研究しています。

  • 株式会社コアソリューションズ

    健康管理アプリや栄養指導⽀援システムを開発している地元企業と、スマートフォンでメニュー解析ができるアプリを考案中です。