こどもスポーツ教育学科

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. スポーツ学部
  4. こどもスポーツ教育学科

こどもスポーツ教育学科の新設

九州共立大学スポーツ学部に、新学科「こどもスポーツ教育学科」を2024(令和6)年4月に開設します。
こどもスポーツ教育学科は、スポーツ学部スポーツ学科において、これまでに培ってきた中学校・高等学校の保健体育科教員の高い養成力を基盤としつつ、本学が取り組んできた通信制の小学校教員養成プログラムを通じた小学校教員採用の実績を活かし、児童・生徒に対する高度な専門知識を持った教員を養成する学科です。
このため、こどもスポーツ教育学科は、小学校教員および中学校・高等学校教員の養成に特化した学科となっています。

  • POINT 1

    小学校、中学校、高等学校の
    教員免許が取得可能※1

    こどもスポーツ教育学科では、小学校教員免許や中学校と高等学校の教員免許(保健体育)を取得でき、児童期および生徒期の子どもたちの挑戦を支え、人間力を育み、成長に寄り添った教員を養成します。また、教員免許の取得は選択制となっているため、小学校教員から高校教員まで、学生一人ひとりが目標に向かって自分の学びを決めることができます。

    ※1 小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状を指します。中学校教諭一種免許状と高等学校一種免許状は保健体育のみ取得可能です。

  • POINT 2

    「教育」×「スポーツ」による
    充実した小学校教員養成課程

    こどもスポーツ教育学科は、九州で唯一の「スポーツ」を基盤とした「小学校教諭」を養成する学科です。総合的な教養を身につけ、自分自身が得意とする競技種目やスポーツの経験を活かし、教育を通じて子どもたちの健康と成長に貢献できる小学校教員を目指すことができます。さらに、スポーツ指導やスポーツ栄養などの科目を受講することができ、スポーツに関する知識と技能を高めつつ、教員免許の取得を目指すことができる環境を用意しています。

  • POINT 3

    確かな「教育力」を有する
    教育者・支援者を養成

    学校教育の現場から必要とされる「教育力」を持つ教員を養成するべく、アクティブ・ラーニングによる「実践的指導力」、「問題解決能力」の向上に重きを置き、多種多様な演習・実習科目を用意しています。学科の定員は50名と少人数制を採用し、同じ目標を持つ仲間とともにグループ学修や模擬授業を経験することで、コミュニケーション力や企画・計画力、判断力、実践力、問題解決能力に裏打ちされた確かな「教育力」を備えた教員を養成します。

こんな人にオススメ!

  1. アイコン

    小学校教員を
    目指す人

  2. アイコン

    中学校・高等学校の
    保健体育科教員を目指す人

  3. アイコン

    スポーツ経験を
    教育に活かしたい人

  • 取得学位・目指せる免許等

    • 取得学位:学士(こどもスポーツ教育学)
    • 小学校教諭一種免許状
    • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
    • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
    • キャンプインストラクター
    • ジュニアスポーツ指導員(受験資格のみ)
  • 目標となる進路

    • 教育機関:小学校、中学校(保健体育)、高等学校(保健体育)など
    • スポーツ関連施設:子ども向け運動クラブ、スポーツクラブなど
    • 民間企業:スポーツ用品メーカー、イベント会社など
    • 地方自治体:児童関連、福祉関連など

広い視野を持ってチャレンジ
3つの教員免許は武器になる。

小・中・高の3つの教員免許を取得することが自分の武器となり、選択肢の幅を広げることができます。私は教員になるか迷っていましたが、ボランティア活動で小学生に陸上を教えたことがきっかけで、小学校の教員になりたいと思いました。授業も大事ですが、学外のボランティア活動やアルバイトを通して得るものもあるので、広い視野を持って新たな発見を楽しんでください。九州共立大学は教員になるためのサポートがあり、意欲的な学生の向学心を満たす体制が整っています。

スポーツ学部 スポーツ学科(4年)
後藤 涼介 さん
福岡県/福岡県立育徳館高等学校 出身

体育に強い専門性のある
小学校教員になるチャンス。

小学校の体育専科教員になるために、スポーツについて深く学べ、教員採用試験対策が充実している九州共立大学に入学しました。大学2年から姫路大学通信教育課程との連携による「小学校教員養成プログラム」を受講したのですが、やはり大学と通信教育のWスクールの両立は大変でした。新設される学科では、小・中・高の3つの教員免許が取れることになり、目標に向かって効率的な勉強ができ、時間的な余裕ができるはず。より体育に特化した教員を目指せるチャンスだと思います。

スポーツ学部 スポーツ学科(4年)
黒木 彩菜 さん
宮崎県/宮崎県立宮崎北高等学校 出身

4年間の学びのイメージ

  1. 1年次

    幅広い教養を身につけるとともに、スポーツ学の基礎を学ぶ。また、進路に応じた教員免許取得に必要な基礎を学ぶ。

  2. 2年次

    小学校教員および中学校・高等学校教員に必要なスポーツ分野での多様な専門知識を高め、掘り下げる。

  3. 3年次

    2年次までの学修を踏まえ、さらに学びを深め、進路について考える。ゼミで卒業研究の準備に着手する。

  4. 4年次

    就職活動や教員採用試験などを進め、夢の実現に集中する。また、4年間の集大成として卒業研究を仕上げる。

カリキュラム

こどもスポーツ教育学科のカリキュラムは、教育者(小学校、中学校、高等学校の教員)・支援者を養成するため、児童・生徒に対する教育およびスポーツの文化に関する幅広い専門知識と実践力を養う科目を配置しています。

区分 1年 2年 3年 4年
総合共通科目 教養教育科目(文化・芸術領域、歴史・社会領域、人間・環境領域)、言語・異文化理解科目(日本語、英語、中国語、韓国語)、情報教育科目、キャリア教育科目(キャリアデザイン領域[キャリア基礎演習Ⅰ~Ⅲ]、キャリア発展領域)
専門教育科目 学部共通科目
  • 解剖生理学
  • スポーツ運動学(運動方法学を含む。)
  • スポーツ指導論
  • スポーツ生理学
  • スポーツバイオメカニクス
  • スポーツ社会学
  • スポーツ心理学
  • 安全・健康管理
  • スポーツ栄養学
  • 体力トレーニング論
  • レクリエーション論
児童教育科目
  • 国語科教育概論(書写を含む。)
  • 社会科教育概論
  • 算数科教育概論
  • 音楽科教育概論
  • 体育科教育概論
  • 理科教育概論
  • 児童英語概論
  • 国語科指導法
  • 社会科指導法
  • 算数科指導法
  • 理科指導法
  • 図画工作指導法
  • キャリアアドバンス教員養成(初等)Ⅰ
  • 生活科指導法
  • 音楽科指導法
  • 家庭科指導法
  • 体育科指導法
  • 児童英語指導法
  • 水泳指導法
  • ダンス指導法
  • キャリアアドバンス教員養成(初等)Ⅱ, Ⅲ
  • キャリアアドバンス教員養成(初等)Ⅳ
スポーツ教育科目
  • スポーツ教育概論
  • 衛生学及び公衆衛生学
  • 学校体育のマネジメント
  • 学校体育指導演習
  • 学校保健Ⅰ(学校安全を含む。)
  • 精神保健
  • ジュニアスポーツ論
  • ジュニアスポーツ指導演習
  • 救急処置
  • 器械運動指導法(体つくり運動を含む。)
  • 陸上競技指導法
  • 球技指導法A,B
  • 武道指導法
  • 学校保健Ⅱ(小児保健を含む。)
  • 学校保健指導演習
ゼミナール科目
  • ゼミナールⅠ,Ⅱ
  • ゼミナールⅢ,Ⅳ
  • キャリア発展ゼミナール
スポーツ実技科目
  • 体操(体つくり運動を含む。)
  • 陸上競技A
  • バスケットボール
  • サッカー
  • キャンプ
  • 器械運動
  • 陸上競技B
  • 水泳
  • バレーボール
  • ハンドボール
  • ラグビー
  • バドミントン
  • ダンス
  • 剣道
  • 柔道
  • ソフトボール・野球
  • テニス
  • レクリエーション実技
自由選択科目
  • 教職論
  • 教育原論
  • 教育心理学
  • 特別支援教育概論
  • 教育制度論
  • 教育相談
  • 道徳教育指導法
  • 教育方法論(情報通信技術の活用を含む。)
  • 特別活動・総合的な学習の時間指導法
  • 生徒・進路指導論
  • 学校体験活動
  • 教育実習(小)
  • 教育実習事前事後指導(小)
  • 教職実践演習(小・中・高)
自由科目 教職課程関連科目、K-CIP関連科目

FEATURES 学生の声

  • 写真:スポーツ学部スポーツ学科の学生

    専門分野の知識や技術を身につけるだけでなく、協調性、社会性、コミュニケーション能力などを育み、リーダーシップのとれる 人間づくりを目指します。

  • 児童教育分野に関する専門知識と指導力をもった時代が求める小学校教員・指導者を養成します。