INTRODUCTION 大学紹介

大学概要

沿革

年月 事項

昭和40年4月

九州共立大学開設(経済学部経済学科)

昭和41年4月

九州共立大学経済学部第二部を増設

昭和42年4月

九州共立大学工学部開設(機械工学科、電気工学科、土木工学科、建築学科)

昭和43年4月

経済学部に経営学科を増設

昭和50年3月

九州共立大学附属図書館竣工(RC4階建4,933.31m2)

昭和54年4月

工学部に環境化学科、開発学科を増設

昭和60年4月

九州共立大学福原鶴鳴記念館竣工(RC3階建7,661.53m2)

平成3年11月

九州共立大学自由ケ丘会館竣工

平成6年4月

九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学生涯学習研究センター設置 九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学健康教育研究センター設置 九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流センター設置

平成6年6月

九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学情報処理教育研究センター設置

平成7年7月

九州共立大学環境分析研究センター設置

平成9年10月

深耕館(RC6階建16,116.55m2)、深耕館実験棟(4,100.73m2)竣工

平成13年4月

九州共立大学大学院工学研究科修士課程開設 (機械生産システム工学専攻、電子情報工学専攻、都市システム工学専攻、環境システム学専攻) 工学部電気工学科を電気電子情報工学科へ名称変更 工学部開発学科を地域環境システム工学科へ名称変更 九州共立大学総合研究所設置

平成15年4月

大学院工学研究科に博士後期課程を開設、修士課程を博士前期課程へ変更 経済学部第二部経済学科の学生募集を停止

平成15年5月

九州共立大学学習支援センター開設

平成15年8月

九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学健康教育研究センターを九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学保健センターへ改組

平成17年4月

工学部機械工学科、電気電子情報工学科を募集停止し、これら2学科を基礎としてメカエレクトロニクス学科及び情報学科を開設 工学部土木工学科を都市システム工学科へ名称変更 工学部地域環境システム工学科を環境サイエンス学科へ名称変更 工学部環境化学科を生命物質化学科へ名称変更

平成18年4月

スポーツ学部スポーツ学科開設

平成19年4月

環境サイエンス学科、生命物質化学科の学生募集を停止 都市システム工学科を環境土木工学科へ名称変更

平成20年4月

工学部メカエレクトロニクス学科、工学部情報学科、工学部環境土木工学科、工学部建築学科を募集停止

平成21年4月

経済学部 経済学科、経営学科を経済学部 経済・経営学科に改組
工学研究科博士後期課程 機械電子システム工学専攻、工学研究科博士後期課程 環境・都市システム工学専攻を募集停止

平成22年4月

工学研究科博士前期課程 機械生産システム工学専攻、電子情報工学専攻、都市システム工学専攻、環境システム学専攻を募集停止

平成23年3月

九州共立大学大学院工学研究科博士前期課程・後期課程廃止

平成24年3月

福原学園屋内公認プール棟竣工

平成24年7月

サッカー場、ラグビー場人工芝敷設竣工

平成25年3月

工学部廃止

平成27年10月

九州共立大学創立50周年記念式典を挙行

平成29年4月

学術情報センター設置
地域連携推進センター設置

平成30年4月

九州共立大学大学院スポーツ学研究科を開設

平成31年4月

経済学部地域創造学科開設

令和2年4月

スポーツ栄養研究センター設置

工学部について

昭和42年に開設された工学部は、平成23年3月には大部分の在校生が卒業し、工学部は実質的に44年の歴史を閉じました。この間に、10、725名の卒業生が輩出されました。

  • 縦型

  • 横型

  • シンボルマークカラー

    • 特色 : DIC 220
      CMYK : C-100 M-63 Y-5

    • 特色 : DIC 181
      CMYK : C-93 M-29

    • 特色 : DIC 69
      CMYK : C-62 M-14

  • ロゴカラー

    • 特色 : スミ
      CMYK : K-100

  • ロゴフォント

    MSゴシック/Gungsuhche

このロゴマークは、2007年度の学校法人創立60周年を記念し、本学をわかりやすくイメージしたロゴマークを制定しようと行われたもので、一般公募により募集を行い、多数の応募の中から、中間市在住の吉川智子さんの作品に決定致しました。

このロゴマークは、九州共立大学の頭文字である、「K」をモチーフとしたデザインです。

スポーツが盛んな様子を青色に表し、スポーツの爽やかさを表現しました。「K」のフォルムには、若者のもつ、爽やかさや、未来を感じさせる新しい力を表現しています。
決定致しましたロゴマークは、教職員の名刺をはじめ、九州共立大学のキャンパスグッズに使用されています。

創立50周年記念事業

50th九州共立大学創立50周年