経済学部のイメージ写真

ECONOMICS 経済学部

学部長メッセージ

写真:九州共立大学 経済学部長 西川 三恵子
九州共立大学 経済学部長
西川 三恵子

「現代社会の課題を主体的に追究する。」

本学は1965(昭和40)年、経済学部経済学科の単科大学として開学されました。時代に即して学部・学科も変遷を重ね、現在、経済学部には経済・経営学科と地域創造学科の2学科があり、卒業時には学生に学士(経済学)の学位記を授与します。

経済学部では、経済学領域と経営学領域の基礎を修得させるとともに、知識基盤社会において必要な「課題探求能力」「課題解決能力」「調査・分析能力」「コミュニケーション能力」「実践力」「調整能力」を有する人材の育成を目的としています。経済学とは、一般的に社会全体の限られた資源をどのように分配していくかを考える学問であり、経営学は企業が有する経営資源と言われるヒト・モノ・カネ・情報をいかに効率的に配分し活用していくかを学ぶ学問です。

経済・経営学科では経済学領域と経営学領域を広く学び、社会におけるさまざまな問題を解決できる経済・生産活動の担い手となる人材を養成し、また、地域創造学科では地域の課題を見つけ、地域とともに課題解決を実践するという、現在社会に必要とされる実践力を身につけた人材を養成する学科であると自負しています。

近年は、第4次産業革命の到来として、IoTやAIなどがあげられ、社会はめまぐるしく進展しています。今後、単調な仕事は人工知能に取って代わられ、人々の働き方やライフスタイルの変化にも大きく影響すると考えられていますし、この超スマート社会では今までのように受け身の態勢では得られるものも少なく、必要なものは自ら見つけ出し、学んでいかなければならないという指摘もされています。皆さんとこのような多様な社会を生き抜くため、共に学んでいこうと思っています。

  • 写真:経済学部経済・経営学科の学生

    基礎的知識やビジネススキル・コミュニケーション能力を養うカリキュラムを必修とすることに加え、 現代社会に適応できる総合的な学びの修得を目指しています。

  • 写真:経済学部地域創造学科の学生

    自治体や企業・団体などと連携を取りながら、地域経済の活性化、地域に根ざしたビジネスの創造、地域振興や魅力あるまちづくりを担う人材を育成します。